【FF14】今日のポッドはお話好き!? ニーアプレイ日記Part11


こんにちは~!

前回のPart10に続き、ニーアオートマタをやっていきたいと思います!


前回までの内容はこちら↓



超巨大機械生命体を倒した2B達。しかし、その爆発の衝撃で通信が途絶えてしまう・・・!果たして2Bと9Sは無事なのか・・・!!



ブラックボックス反応ありっ・・・!

気が付く2B


気が付く2B。起きるとそこは、先程まで戦っていた水没都市の近くでした。

2B生きてて良かった・・・!!

2Bの自己診断機能によると、義体そのものには目立った損傷はないことが確認できました!

状況確認


そしてすぐに司令部に通信を取ってみることに!オペレーターも2Bからの通信が入り、無事なのが分かると喜んでくれます!!

後ろには超巨大機械生命体


遠くには沈黙して煙があがっている、超巨大機械生命体の姿が見えます。

オペレーターによると、2Bは爆発後から8時間もの間、意識を失っていた。また、各地の通信施設がEMP攻撃の影響で使用不能になっている。

そして・・・9Sの行方が分かっていない事が判明・・・!!かすかなブラックボックス反応(生命反応)は確認できるが、場所が特定できないとの事・・・。

ポッドと捜索


さっそくそのブラックボックス反応をたよりに捜索することにします。

しかし、今のポッドの性能では、微弱な反応は検知できないとの事。

[voice icon=”https://www.ff14coco.com/wp-content/uploads/2019/10/pod.jpg” name=”ポッド” type=”l brown”]微弱なブラックボックス信号の検知にはスキャナーが必要。[/voice]


そのスキャナーがレジスタンスキャンプにあるとの事で、すぐに向かいます!



意外にお喋り好き?

スキャナーについて尋ねる


さっそくアネモネ姐さんに事情を説明すると、キャンプ内にいる赤い髪のアンドロイドが知っていると情報をくれます!

レジスタンスキャンプ内を見ていると、先の戦いで負傷したヨルハ部隊も何名か運びこまれている様子・・・。

運び込まれたヨルハ部隊


そして赤い髪のアンドロイドを探していると・・・

デボルとポポル


発見しました!名前をデボルポポルという名前の二人がいました!さっそく事情を説明すると、スキャナーをもらえる事に!さっそくポッドに搭載します!

スキャナー使用中


さっそくキャンプを離れて使ってみる事に!

おお、なんかピコン・・ピコン・・発信音を鳴らしながら検知している!凄いぞポッド!!

するとポッドが突然・・・

[voice icon=”https://www.ff14coco.com/wp-content/uploads/2019/10/pod.jpg” name=”ポッド” type=”l brown”]捜索機体の9Sは、海上で巨大爆発に巻き込まれた。提案:水没地帯での9S探索。[/voice]

ポッドが2Bに提案してきます。今日のポッドはよく話すなぁと思っていると、2Bも・・・

[voice icon=”https://www.ff14coco.com/wp-content/uploads/2019/10/2B.jpg” name=”2B” type=”r red”]なんだか今日のポッドはよく喋る。[/voice]

お喋りポッド


[voice icon=”https://www.ff14coco.com/wp-content/uploads/2019/10/pod.jpg” name=”ポッド” type=”l brown”]肯定:私は支援ユニット。必要に応じて会話を行う。[/voice]

[voice icon=”https://www.ff14coco.com/wp-content/uploads/2019/10/pod.jpg” name=”ポッド” type=”l brown”]提案:2Bの自発的会話を増やす事。[/voice]


ポッドが2Bに、もうちょっと話したほうがいいよって言ってきます(笑)

こら!ポッドおまえもそんなこと思っていたのか!(笑) でも時々ある、こういうやりとりがおもしろいんですよね!


小さな手掛かりを頼りに

ヨルハ部隊の救出


ポッドの提案により、水没都市周辺を探索する2B。途中、まだ発見されていなかったヨルハ部隊員を捜索しつつ9Sも探します。

ヨルハ部隊員からの情報


そんな中、救出した一人のヨルハ部隊員が、爆発したときに9Sの飛ばされる方向を見たとの情報が!落下予測地点のデータも貰います。

ついに具体的な詳細地点が分かってきました・・・!!

怪しい地下通路


データを頼りに進んで行くと、廃墟都市の地下通路に辿り着きました。壁際にはアンドロイドの死体が磔にされています・・・。

この先に待ち受けるものは・・・


奥に進むとエレベーターがありました。起動しようとする2Bに、ポッドが敵の罠の可能性があると警告してきます。でも2Bはこう言い、ボタンを押します。

[voice icon=”https://www.ff14coco.com/wp-content/uploads/2019/10/2B.jpg” name=”2B” type=”l red”]・・・罠だろうと構わない。[/voice]
・・・果たしてこの先に待ち受けるものは・・・。敵の罠なのか!?9Sの行方と状態が気になります・・・!!次回Part12に続きます!


ニーアをプレイしてみたいと思っている方はこちらの記事もどうぞ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です