【FF14】昔のスクリーンショットを見てみよう!~FF11編~(Part.2)

コンシュタット高地


こんにちは~! ココ( @Coco_Corne )です。

本日は昔のスクリーンショットを見てみようFF11編のPart.2をお送りしたいと思います!


第一弾はこちらのリンクからご覧いただけます~!



皇帝の名を持つトンボ


本日のトップ画像に使用したのは「コンシュタット高地」という場所です。草花と風車が特徴ので、オーディン風と呼ばれる強風が吹くため風車が設置されています。

またここでは羊が生息しているのですが、中には一際大きい大羊と呼ばれるNMも出現したりする場所でした!

大羊のNM


当時モンクをやっていた方は「紫帯」入手の為に、狩ったこともある人も多いのではないでしょうか!

バルクルム・エンペラー


そしてこちらはバルクルム砂丘のNM「Valkurm Emperor(バルクルム・エンペラー)」。上記のコンシュタット高地に隣接している砂丘のエリアのNMになります!

そしてこのNMが落とす装備品が当時高性能で常に誰かが狙っているNMでした。その装備というのが「皇帝羽虫の髪飾り」です!

そう!FF14でも実装されていて、エウレカで手に入れることができるのです~!

皇帝羽虫の髪飾り


それがこちらですね。FF14でもエウレカにる、トンボみたいなフライ族NM「アネモス・エンペラー」がドロップします!これの元ネタはFF11のNMなのでした!

みんな大好きオプチカルハット

みんな大好き!


そしてエウレカ装備で思い出すのといえばこちら!「オプチカルハット」と「スコピオハーネス」ですね!

これも元ネタはFF11で、装備が高性能な為、私がプレイしていたLv75キャップ時代では、こちらの格好が主流でした!

今ではFF11にもロックスタイルという、FF14でいうミラプリ的なこともできるのですが、昔はそんな機能はなく、装備そのもののグラフィックが反映されていました。

なので見た目がどんなに好みに合わなくても、装備が高性能な為に装備せざる得ない状況も発生していましたね!それの典型がこのオプチカルハット+スコピオハーネスなのかもしれません(笑)

オプチカルハット


ちなみにFF14でも同じ名前でしかも同じグラフィックの装備が手に入るので、FF14で当時の姿を再現することも可能です!

スコピオハーネス


スコピオハーネスは、女性キャラで着るとあの状況も楽しめるので、気になる方は装備してみて、横から見てみてください(‘ω’)


スイカ型の亜種!?

ヴァナの桜


part.2の最後は風景画像を載せていきたいと思います。

こちらは、ひなまつりイベントの時に咲く、桜の木達です!今の時代のゲームと比べると、画像が荒く見えますが、本当に綺麗なイベントでした。

ヴァナで見た桜は今も忘れられないですね。

聖地ジ・タ


こちらは「聖地ジ・タ」です。ここのエリアBGM「The Sanctuary of Zi’Tah」が良い曲で有名ですね!

エリア自体は大木生い茂る、まさに聖地みたいな雰囲気の場所です。当時はこの奥にある「ボヤーダ樹」というエリアが、超人気狩場だった為、そこに行くためによく通った方も多いのではないかと思います。

マンドラのアップ


そしてボヤーダ樹というと、こちらの「マンドラゴラ」も生息しています。

今ではすっかりこのデザインのマンドラが定着しましたが、このデザインでの初出はFF11ですね!そこからFF12へ、そしてFF14へと登場を果たしています。

キトルルス!
FF11用語辞典 ~ ウィンダスの仲間たち版様より引用


現在ではすっかり種類も増えて、今のFF11ではスイカ型の「キトルルス」なるスイカタイプのマンドラゴラ亜種が登場しているようです!

完全に見た目スイカですね(笑) いつかFF14でも姿を見れるのを楽しみにしたいところです!

さてさて、ここまでいろいろ見てきましたが、ちょっと見ただけでも、FF11を元ネタにFF14でも登場しているアイテムやモンスターは多いですね!

まだまだ紹介しきれないくらいいるので、また機会があればまとめてご紹介できればと思っています!

ではでは、また次回に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です